刈谷ハイウェイオアシス
ロゴ・サイン
2004
愛知県刈谷市の伊勢湾岸自動車道に新設されたパーキングエリア。上下線PAを含め全体を一本のプロムナードで結び「街」に見立て、50mおきに逆L字型のサインを置くことで散歩を促した。逆L字型サインには遠景から近景まで、広大な駐車場から見るサイン、プロムナードを散歩しながら見るサイン、立ち止まって見るサイン、それぞれの距離に応じた、シーンに応じた情報を発信している。
クライアント: 刈谷ハイウェイオアシス
全体設計:鵜飼哲矢事務所
ランドスケープデザイン:稲田多喜夫
内装デザイン:藤原敬介デザイン事務所
ディスプレイデザイン:ウエノデザイン
グラフィックデザイン:横山俊平