はくすい保育園
ロゴ・サイン
2014
傾斜している敷地に建つ、階段状に設計された保育園。屋根を伝う雨や建物に取り込む風により、エアコンのいらない空間を目指している。段差があって思い切り遊べる大きな部屋での体験、それが子供達を大きく育てるというコンセプト。シンボルマークは保育園の中を通り抜ける風、心地よい光と影、段々状の空間を表現。そのシルエットは施設名の頭文字「hh」も表している。内装のストライプは私自身が塗装し、敢えて手描きのタッチを残した。子供達がその筆の跡を眺め、創造的な心を育んでほしいという想いを込めてペタペタ塗った。
クライアント: はくすい保育園
設計:山﨑健太郎デザインワークショップ
デザイン:横山俊平